きんたま空間



 トップページ » 映画感想 » スタートレック (2009) 

 

スタートレック (2009)


Star Trek

感想:

ろくに観てもいないのに、スタートレックが苦手だったんですよ。

とはいえ「ギャラクシー・クエスト」なんてスタートレックのオマージュ・パロディSFとか、SNLでジョン・ベルーシがカーク船長を演じるスケッチ(「カーク船長の一番長い日」)は知ってたり、そのカーク船長を感じたウィリアム・シャトナーが「カーク船長を演じたウィリアム・シャトナー本人」としてコンベンション会場に現れて、集まったファンたちに「まともに生きろ!あれはただのテレビ番組だぞ!」と説教するスケッチ(“Get a Life”)は観ていたりして、つまり本編を確認する前にそういったものを観たおかげで、「スタートレックってなんだか面倒くさそうな臭いがするなぁ」と勝手に判断してしまったからだと思うんです。

何か事が起きるたびに、それらには複雑な考証や設定がついていて、それらを把握しないと楽しめない番組なんじゃないか……実際「ギャラクシー・クエスト」をはじめとしたトレッキーたちの振る舞いからはそういうものを感じました。「××話に出てきた何という装置」とかね。

で、今回気まぐれに「スタートレック・イントゥ・ダークネス」を観てみようかなと思ったんですよ。’09年版のリブート1作目を観るだけで問題なく鑑賞できます、っていう話を聞いたもんで。んで、レンタルDVD屋に赴いてパッケージを探した。案の定現在続編公開中ということで、大半借りられててね。で、とりあえず軽く裏面で情報確認しようと思ってパッケージを手にしたんですが、そこでまたこう思った。

「やっぱり何か、苦手な臭いがするなぁ……」って。

だってパッケージの表面、すっげー暗い感じなんだもん。こっちにガンとばしてんですよ、真ん中の人が。その右っ側に何考えてるかわかんない顔したおかっぱ頭のおっさんがいて、反対側にはこっち振り返ってる黒人の姉ちゃんがいて。あーなんか、話についていくのに知性とかロジカルさとか求められる感じのSF映画なのかなぁーってまた苦手感がぶり返してきて。裏面観たら「帝国の逆襲」のラス手前でルークがぶら下がってたアンテナの先にアンドア・ジェネシスがくっついたようなビジュアルが載ってて、そこからゴーッて火が出てて、どんな話なんだって思いながらもとりあえずつまんなかったら続編は見なきゃいいやくらいの気持ちで借りてウチ帰って観たんです。

すいません、面白かったです。続編観に行きます。

おそらく旧シリーズのファン向けに、あちこちにわかる奴だけわかればいい的な小ネタがちりばめられていたのでしょうが、そんな事は知らないぼくですし、またそれらに気が付かなくても充分楽しめました。何というか、えー非常に頭の悪い感想なのですが、「今っぽいよね!!」という感じで。

オリジナルのテレビ放送ではカーク船長とミスター・スポックがどのような性格でまたどのように立ち振る舞っていたのかを知らない分、冒頭から順を追って成長していく二人の姿は素直に受け入れられたし、また二人がそれぞれ健全に成長したとは言い難いエピソードを投入しているから、二人の事を超人的な精神力を持つヒーローとしてではなく、「血の通った人間(とバルカンハーフ)」としてストーリーを見守る事が出来たのです。だもんで二人が宇宙艦隊アカデミーで出会う頃には、あれだけ苦手意識のあったスタートレックがすっかり好きになっていましたよ。また日本人キャストとして中川家の礼二が医者役に大抜擢されていてびっくりしました(ひょっとしたら違う人かもしれません)。

正直、途中に挟まれるカークの活躍(ドリル・プラットフォームや悪役の船内でのアクション)自体はそれほど興奮せず、「お前になんかあったら船どうすんだよ」と脳内で突っ込んでいたのですが、まあそこはヒーロー展開のお約束ということで、おそらくテレビ版もこんな感じで後先考えずにあっちこっち行ってんだろうなぁ、と思いながら観てました。

鑑賞後、改めて映画を振り返ってみると、一番面白かったのはカークとスポックの掛け合い漫才のシーン(言い負かした方が勝ち。会話中にはいろんな規則だのなんだの出てきて、返せばそれらはいくらでも嘘がつける便利なものであり、ぼくが面倒くさそうだと思っていた部分は実は魅力だったのだと気づいたりした)だったなという事に気が付き、その瞬間、「宇宙大作戦」というテレビシリーズに凄く興味が沸いたのです。「この掛け合い漫才は、テレビシリーズでも堪能できるのか!?」という興味が。

そんな訳で先日からhuluにて「宇宙大作戦」をシーズン1の第1話から観はじめたのですが、それはまた別のお話。

「イントゥ・ダークネス」を早く鑑賞したくてたまらない今日この頃です。ではでは。

 トップページ » 映画感想 » スタートレック (2009) 

 この記事の先頭へ